FC2ブログ
プロフィール

冨士ベークライト株式会社 和輪話の会

冨士ベークライト株式会社 和輪話の会

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

ありがとうの詩(うた)

冨士ベークライトの社員が、日々の業務や生活の中から感じ生まれた心温まる詩(うた)を編集し、社内で発行を重ねている『ありがとうの詩(うた)』集から、掲載しご紹介しています。

一日の終わりに「ありがとう」

年齢・・・40歳代 女性



一日が終わりを告げている……暖かな日差しが沈み、
キラキラ光る星とまんまるお月様が空に浮かんでいる。

あー今日も一日終わる! この時を迎えられたことに「ありがとう」
そして、沢山の出会いに感謝!
あなたからもらった「ありがとう」  誰かに送った「ありがとう」
ふと気が付くと沢山のありがとうに囲まれて一日を送っている!

あなたも、回りをみてください…… 沢山のありがとうを…
ありがとうの数だけ、幸せがあるはず。
さあ、みんなで、一緒にありがとうに出会いましょう!




日々の生活の中にも沢山のありがとうに出会っていました。


「ありがとうの詩(うた)」第一集 15ページより

川柳・一行詩 7編

年齢・・・52歳 男性


トイレ掃除 毎日ピカピカ「ありがとう」

会社のトイレはいつもピカピカです。掃除をしてくださる方の気持ちを思うと、こちらの心もピカピカに洗われます。


年齢・・・35歳 女性


職場に いつも一輪の花「ありがとう」

職場にいつも花を生けていただき、明るく和やかな雰囲気で仕事ができ、感謝しています。


年齢・・・26歳 女性


おはようございます。明るい挨拶「ありがとう」

朝一番、今一歩体がシャンとしていないとき、大きな声で挨拶をしてもらうと「ガンバリこころ」に火がつき、やる気が出てきます。


年齢・・・57歳 男性


ドアを開け お帰りなさいに「ありがとう」

仕事で疲れ家路に着くと、ドアが開いて「お帰りなさい、お疲れ様」と家内の言葉に、こちらこそ「ありがとう」。


年齢・・・47歳 男性


出勤時 いってらっしゃい 「ありがとう」

毎朝出勤時、玄関先で「いってらっしゃい」にありがとう。
今日も一日がんばるぞ。


年齢・・・47歳 男性


子供が入院 家族親戚に 「ありがとう」

子供が小さいとき入院ばかり、家内だけでは体力も限界。
そんなとき家族親戚が交代で付き添い、血のつながりに「ありがとう」。


年齢・・・40歳代 男性


今日もまた 素敵な笑顔を 「ありがとう」

毎日、女性社員の方から素敵な笑顔を見せてもらい、やる気が出て元気になります。




「ありがとうの詩(うた)」第二集 9ページより

当たり前だった事

年齢・・・20歳代 男性



離れたら大変だったんだと気づく毎日の食事
今まで当たり前のように食べて、当たり前だと感じてた
感謝したことがなかった
かあさん、ありがとう。

今、慣れない食事を毎日作っている
試行錯誤しながらがんばっている
感謝しています
嫁さん、ありがとう。






結婚を機に家を出て生活をしていくなかで、毎日、二人で協力して食事の準備をしながら食事を作る大変さがわかり、その事に対しての感謝の気持ち。


「ありがとうの詩(うた)」第三集 46ページより

家族のみんなにありがとう

年齢・・・36歳 男性



出勤前に毎日玄関まで見送ってくれる子供たちに
ありがとう。
「行ってらっしゃい、気をつけてねー」の言葉、そして
手と手を合わせての『親子タッチ』。
父さんはこんな些細なふれあいでも
「よし今日も一日頑張るぞ」と思います。
これからも毎日の見送りを楽しみにします。

私の非常識な言動をいさめてくれる妻にありがとう。
いつも良きアドバイスを与えてくれることに感謝します。
子供たちの成長に合わせていろんな問題が出てくると思うけど
これからも力を合わせて頑張っていこうな。






毎朝家族の笑顔に見送られて出勤できるありがたみをいつも感じています。
日常の些細な家族とのふれあいが私の元気の源であります。成長するにつれて離れていく子供たち、だからこそ今をたいせつにして今後も妻と共に支えあいながら生きて行きたいと願いつつ家族への日頃の感謝の気持ちをこの詩に託しました。


「ありがとうの詩(うた)」第一集 46ページより