FC2ブログ
プロフィール

冨士ベークライト株式会社 和輪話の会

冨士ベークライト株式会社 和輪話の会

最新記事
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

「家の仕事」

30歳代 男性


家の仕事するんがぼっけえ(ものすごく)嫌いじゃった
畑の草刈り 藪のそうじ 裏山の墓そうじ
みんなは遊びに行っとるのに何でわしだけなら
子供の頃ずうっと思ようた
いまでもどっかで思ようるかもしれん

バケツいっぱいの水とササキ五十本
てんびん棒に担いで山道を上るんじゃけど
だんだんしんどうなってきょうるわ
わしも年じゃろうか(笑)
親父は倍ちこう(近く)も年とっとるのに
ようあがんに(あんなに)動けとったんじゃなあ
わしが五十六十になってもあがん動けるじゃろうか
生まれてくる息子に手伝うてくれいうて頼めるじゃろうか

ありがとう お疲れさま いつもそう思ようる
じゃけえ(だから)仕事が早よう終わったら長靴に履きかえて
ほったらかしとる畑の草刈りに行くんよ



子供の頃から疑問だった家の仕事、少しは楽しめるようになりました。
「ありがとうの詩(うた)」第三集 26ページより