プロフィール

冨士ベークライト株式会社 和輪話の会

冨士ベークライト株式会社 和輪話の会

最新記事
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

お父さんへありがとう

年齢20代の頃もあった女性


「実家には、そんなに来るものではない。嫁ぎ先のことをちゃんとしろ。」
  結婚したての頃、実家に行けばそういわれていたね。
「いろんなことが、あるけど、頑張らんとな・・」
  つらいことがあって、実家に行ったとき、そういって元気づけて
  もらったね。
「おばあさん(嫁ぎ先の)が子守を引き受けてくれたら、今まで働いて
 これたんだぞ、感謝しないとな・・・」
  最近は、いっつもそう言うよね・・。
「母さんが、早くに死んで、お前には苦労をかけたのお・・・」
  何言ってるの、一番苦労したのは、お父さんじゃない、なのに
  いっつも、子供のことばっかり心配して・・・。
  遊ぶことを知らなくて、毎日、毎日、働いて・・
  自分の事は、贅沢もせず、倹約して、倹約して・・・
  大きくしてもらったんだよね・・・。

お父さん、今、私は、あなたに何が返せるのでしょう・・・
そばに、いてあげられないし、病気になっても、看病してあげられない
かもしれないよ・・・。
あちこち、連れて行ってもあげられないよね・・・本当に、ごめんなさい。
生きていても、なかなか親孝行は出来ないものだね・・・。
 
あなたの、娘でよかったと本当にそう思うよ。
お父さんが、いてくれたから頑張ってこれたのかもね・・。
お父さんへの親孝行は、私が嫁ぎ先でちゃんと頑張ってることかな・・。
お父さん、いつまでも、いつまでも、元気でいてね。
それが私の、一番の幸せです。
ありがとうね・・・面と向かっては言えないけど・・・
お父さん本当にありがとうね。



実家の年老いた父への手紙

「ありがとうの詩(うた)」第一集 32ページより