プロフィール

冨士ベークライト株式会社 和輪話の会

冨士ベークライト株式会社 和輪話の会

最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

空に向かって

年齢・・・40歳代 女性



土のかおりの風が吹く日
降りしきる雨のなか
肌を突くような陽射しのもと
舞い落ちる銀杏の葉っぱを踏みながら
凍てついたグラウンドのうえ
あの頃はいつもあなたと一緒に走っていました
泣いたり、笑ったり、叱られたり、喜んだり、
めぐる季節の中、かけがえのない日々
なに気なく過ごしていたあなたとの時間が
今もなお、私にいろいろなことを教えてくれます
大人になって、今さらながらに
あなたの大きさを感じます

先生、見えますか?
あなたはひと足早く
あの夏一緒に見た流れ星になってしまったけれど
私はいつの間にか
あなたより歳とってしまったけれど
空は今も、あの頃と同じ色をしています
風は今も、あの頃と同じかおりがします

あなたに出会えたことの偶然に感謝します
きょうも、遠い遠い空に向かって静かに言います
「ありがとうございました」




若くしてこの世を去った高校の陸上部の恩師への想いを綴りました。

高校に入学してなんとなく入った陸上部、そこでこの先生と出会いました。先生曰く、「その年の新入生でいちばん見込みがないと思っていた。」という私でしたが、よき指導者と先輩に恵まれ、みるみる部活のとりこになってしまいました。
そして、いつしか大きな大会に出場できるまでに導いていただき、同時にたくさんの経験と思い出を授かりました。高校生活は、今の自分の礎となる、何物にも代えがたい三年間でした。
卒業から数年後、私が結婚して母となったころ、先生は30代後半で突然亡くなりました。陸上の練習が終わった直後に倒れたとのことでした。

今の自分があるのは、先生と会えたから、そしてその陰には、当時の先生を支えておられたご家族の愛情がたくさんあったこと・・・、大人になって、仕事に就き、家庭を持ってみて、先生はもちろんですが、見えない糸で繋がっていた多くの人たちにも、あらためて感謝するばかりです。

「ありがとうの詩(うた)」第一集 24ページより